スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年11月08日(Wed)

水谷先生

カテゴリー:売れたもの記事編集

毒殺 350→300・・
夜回り先生 105→500
漫画 105→700
漫画 105→680
漫画 50→800

夜回り先生
水谷先生、尊敬しています。
あんなにすばらしい人間に私はなれないけれど・・
先日、NHKで夜中の0時から3時まで水谷先生のドキュメントの
再放送をしていました。
世の中には可哀相な子供が多いですね。
講演会の内容に涙が出ました。
2時半くらいに寝てしまったのですが・・

水谷先生がいつも言っている言葉で私もひとつだけですが実践できるようにがんばろうといつも思うのは「子供を叱らない!誉める!」これが簡単なようで難しい・・
子供は可愛いけど、(可愛いからこそ)つい叱ってしまう。
もちろん誉めることもするけど、注意の方が多い・・

それは子供のためにもっといい子になって欲しいから叱ってるんだけど、それが子供には伝わりにくいそうです。
言わなくても愛情は伝わるだろうというのは大人の勝手な言い分で、子供はどんどん自分に自信をなくしていき、居場所をなくし、リストカット、エンコウ、自殺・・、やさしくて悪い大人のいる「夜の世界」に行ってしまう。

そこまでは行かなくても「自分に自信の持てない子」になるというのはわかる気がして反省しました。
誉めて育てる!なんだか誉めるのは照れくさい。大きくなればなるほど照れくさい。でも、誉めるとほんとイイ顔するんですよね。そしてもっと頑張ってくれる。

私も単純に旦那さんに「今日のご飯、お店で出せるよ。(めっちゃ、おおげさ)」とか、「その服似合う!」とか、「家のこと頑張ってくれてありがとう。」と言われたことは嬉しくて覚えてるもんなあ。「なーにいってんの。」といいつつ、内心嬉しいもんね。もっと頑張ろうって思うもんなー。

でも、ちょっと注意されたら、悲しいよりも腹立つ。逆切れ女に豹変さっ(笑)

水谷先生、重い病気だそうで、とても心配です。
病気を治すよりも、日々の時間を子供のために睡眠時間を削って命を削って費やしているのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わって、今日はまだゼロ冊です・・
スポンサーサイト
 
│posted at 13:08:28│ コメント 2件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
≫ぎょじん
URL│posted at 2006-11-08(Wed)13:23│編集
こんにちは、りんさん。
デザイン変わりましたね~。

誉めないといけない。
ホントそう思います。
さらに、言葉にしないと伝わらない。
簡単な事なのに難しいですよね。
僕もたまに嫁さんに言います。
「誉めれば出来る子だから、もっと誉めてあげて!!」
この言葉、子育てじゃなくて、僕のことですが。。。
≫りん
URL│posted at 2006-11-08(Wed)17:28│編集
そうなんです。新しいのが出来てたので、ちょっと変えてみました♪

ふふふ、ぎょじんさん、かわいい。
私も誉められるの大好き。誉められるのが大好きなのに
誉めるのが下手ってだめですね・・
大人でもすっごくうれしいですもんね。
言葉でつたえてあげなくちゃね♪
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。